まちの変遷

時代は常に変わり、そのわずかな一瞬に、人は泣き、笑い、
そしてつながりを深めていきます。伝えていきたいことは山
ほどあります。長野銀座の今昔風景の一部をご紹介します。
昭和30年頃
高度経済成長の足音、まちでは地域振興が花盛り。ノ
スタルジー漂う当時の写真からは、夢や希望に満ち溢
れていた様子がうかがえます。どんな時代でも、力を
合わせて頑張れ!というメッセージが伝わってきます。
昭和50年頃
売出しや福引きはいつの時代も楽しいものです。いつもワクワクしてもらえるよう
商店街も知恵を絞ります。車、海外旅行、大相撲観戦、現金つかみ取り、一年分の
公共料金無料、バス乗車券…、とても豪華でした。
祭りの音が聞こえてくるとソワソワしてきます。長野びんず
る祭りも市民祭として定着し、夏の風物詩となりました。市
内のメインストリートを開放して、街中お祭り一色になりま
す。老いも若きも商店街も、夏の一夜を楽しみます。
平成
善光寺表参道のすべての電線が地下に埋め込まれま
した。さらにアーケードが撤去され、タイル舗装に
は融雪パイプが新設されました。側溝や下水道管も
増設され、都市機能が大幅に向上しました。明るさ
と開放感にあふれた街並みに生まれ変わりました。
上野まで汽車で8時間かかっていた時代から特急あさまで3時間。そして新幹線開通
によって、長野⇔東京間がついに90分になりました。陸の孤島だった長野が通勤圏
内に。平成27年3月には金沢まで延伸しました。写真は平成9年の北陸新幹線開通
時の様子です(当時は長野駅が終着駅のため長野新幹線と呼称していました)
長く熾烈な招致活動が実を結び、ついに平成3年(1991年)、1
998年冬季オリンピックの開催権を獲得しました。開催が決定した
時は、長野市中が歓喜に包まれ、祝賀セールが盛んに行われました。
平成10年(1998年)
1998年2月、長野冬季オリンピックが開催さ
れました。連日熱戦が繰り広げられ、街の熱気も
MAXに。セントラルスクウェアをメインに、中
心市街地は多くの人であふれました。長野開催の
自負を胸に、街はこれからも発展していきます。
オリンピックから20数年、現在では街の趣
も変わり、若者から高齢者が集う地域のコミ
ュニティーの場として大きく変遷してきてい
ます。より一層のにぎわい創出や活性化に向
け、魅力ある街づくりに取り組んでいます。